【おしゃれにお掃除】羊毛のダスターでほこり取り オーディオ周りもすっきり!

窓際 掃除生活お役立ち
・この記事は丁寧なリサーチと筆者の体験・経験に基づき執筆しています。
・記事にはプロモーションを含む場合があります。

ふわふわ羊毛の「ウールダスター」を購入しました。

時々“掃除スイッチ”が入るsugi-sugu夫です。

ちょっといい感じのおしゃれなダスターを近くの雑貨屋さんで発見して、思わず衝動買いをしてしまったのです。

購入のイメージは“自宅のオーディオをおしゃれに掃除したい”だったのですが、使っているうちにだんだんと範囲が広がり、家中のほこり取りをしてしまいました。

今回はおしゃれな掃除用品「ウールダスター」の「性能」「使用感」「お手入」など実際に使ってみた体験を投稿しています。

“おしゃれなグッズが好きな方”・“性能のよいダスターをお探しの方”・“オーディオを機器の掃除道具を探している方”に役立つ情報となっていますのでチェックしてみてください。

 

スピーカー掃除の記事はこちら

 

サイト内関連カテゴリー: “生活お役立ち” ・ “趣味は楽しい
スポンサーリンク

ウールダスターってどんなモノ

ふわふわのウールが家中のほこりをキレイに取り除いてくれるおしゃれな優れモノです。

開封してみます

[開封前はこんな感じ]↓

ダスター開封前

[このビニール袋を開封するとこうなります]↓

ダスター開封後

大きく広がる「ふわふわ」がとてもいい感じです。

そして触ると思った以上に「ふわふわ」感がありました。

[タグはこんな感じ(表と中身)]

ダスター タグダスタータグ 中身

製品の情報※英文の翻訳ではありません

メーカーはニュージーランドの【mi woollies(ミ・ウーリーズ)】

高品質な羊毛製品を羊農家との協力により世界中の人に届けている“mi woollies”は創業1936の老舗です。

80年以上も続くのはきっと良質な製品を送り出してきた証なのかもしれませんね。

さて、ダスターのふわふわ部分の素材はウール100%

ウール表面にある“うろこ状のキューティクル”がしっかりとゴミやほこりをからめとってくれるので、ダスターとしての性能は抜群のようです。

天然素材の柄や柔らかい掛け紐も含めて全体的にあたたかい質感に仕上がっています。

一応メーカーサイトのリンク貼っておきます。→ mi woollies

ダスターの質感をチェック

質感が伝わりそうな写真をいくつか撮影してみました。

ふわふわの先っぽ

ダスター 先っぽ

ふわふわ全体

ダスター アップ

質感伝わります?

ちょっとこの方と比べてみました↓

ステラ ふわふわ

愛犬“ステラ”と“ウールダスター”のふわふわ感を、さわさわして比較してみた結果…。

ウールダスターとステラの胸元のふわふわ感はとってもいい勝負!

その他ふわふわ感は…。うーん、ウールダスターの勝利かなぁ~。

 

ステラちゃん勝手に勝負させてごめんなさい_(._.)_

ウールダスター使ってみました

実際に自宅で使用した感想です。

窓際の掃除(平面や隅)

窓際 掃除

少しだけほこりが残っていました(少しだけですよ!)が、サッとひと拭きできれいになります。

隅の方も毛先がしっかりと入り込んで一発で取り除いてくれます

ちょっと心配していたんですが「おしゃれなだけで性能はイマイチ」なんてことはなさそうです。

よかった、よかった。

さて、次はこんな場所。

本棚の隙間(狭い場所)

本と掃除

まぁまぁせまい所でもご覧の通り問題なく入り込んでくれます

ただし、これ以上せまくなるとクイックルワイパーハンディなどの方が得意かもです。

次はこんなところ。

置物など(細かい部分)

置物 掃除

細かいすき間が多い古い置物です。

これはgood!

毛先が細かいすき間にしっかりと入り込んで、ほこりをきれいにしてくれます。

なのでこんな所もお手のものです。

空気清浄機(機械もの凹凸など)

空気清浄機 掃除

空気清浄機のすき間に入り込んだほこりも、きれいにからめとってくれていました。

静電気が発生している感じではないのですが、毛先がしっかりとかき出しているような感覚です。

このあたりで気付いたのですが、これだけフサフサなのに羊毛が抜けて引っ掛かるなんてことがほとんどありません。(もちろん0本ではないです)

しっかりと作り込んであるからなんでしょうかね?

ウールダスターを使用した感想

良いところは次の点です。

  • ほこりがよく取れる
  • 細かいところも毛先がかき出す
  • わりとせまい所もOK
  • 見た目がとってもおしゃれ

ちょっと残念なところは次の点。

  • 超せまい所は苦手
  • 汚すのがもったいない気がしてくる

少し使った感想なので今後も色んな良い点、残念な点あるかもですが今のところレビューは次の通り。

  • おしゃれ度:4.5
  • ほこり取り:5.0
  • せまいとこ:3.5
  • 細かいとこ:4.5
  • ふわふわ感:5.0

問題はふわふわが汚れた時の対処なんですが、調べたらこんな感じです。

ふわふわのお手入れ方法

お手入れは簡単!次の手順でOKです。

①日常のお手入れ

掃除の後に外で軽くパンパンしてほこりを落としてください。なお、結構しっかりほこりが取れているのでパンパンの時はホコリが舞い散らないように要注意!

②汚れがひどくなったら

ウール用の洗剤で洗いましょう。ぬるま湯で優しく手洗いして陰干しすればOKです。

使い捨てではないのである程度お手入れしていれば長く使用することができるのもとっても魅力的

そのお手入れが面倒ではないのもとっても良い!

mi woolliesのウールダスターは結果的に経済的でかなりお得な掃除用品と言えますね。

オーディオ機器の掃除に使える?

オーディオ機器の清掃に使えるかどうかなんですが…。

オーディオはデリケートな部分もあるので割と大切に取り扱っていますが、ウール素材での清掃はどんな感じなのか少し心配していました。

だって、購入のイメージは“自宅のオーディオをおしゃれに掃除したい”だったから。

結論から言うとmi woolliesのウールダスターはオーディオの掃除にバッチリ使えます。

使用した感じは次の通りです。

【スピーカー】

スピーカー ダスター

天板、ケーブル端子、インシュレーター等々、細かい部分まできれいにできることに加えて、塗装をまったく傷つけません。

これまで、スピーカーのクリーナー選びには慎重になってきましたがmi woolliesのウールダスターは問題なく合格です。

アンプ・CDプレーヤー等

アンプ ダスター

天板だけでなく凹凸やボタン、ダイヤルなどほこりが乗りやすい場所、溜まりやすい場所も簡単にきれいになっていく感じです。

前述の通り傷つきやすい部分でも安心して使えるからよいですね。

オーディオケーブル配線部分

配線部分 ダスター

配線部分もお手のものです。

細かいところに毛先が届くので楽勝で配線周りもきれいになっていきます

ご存じの通り配線周りは放置しているとほこりが溜まりがちな部分なので定期的に掃除してあげたいですね。

CD周りなんかもOK

CD ダスター

ある程度せまい所もOKなので、CDラックのすき間なんかもいい感じでお掃除できます。

写真のCD上部と棚板のすき間はちょっときつかったですね。

こんな感じでオーディオ機器全般にも抜群のパフォーマンスを発揮してくれました。

おしゃれに掃除できそうで気分上々!(ところで、「おしゃれに掃除」ってなんだっけ?)

さて、今日の掃除で一番気持ち良さそうにしてくれたのがこちら↓

ニッパー君 掃除

我が家には何頭かのニッパー君がいるので、これからもきれいにしてあげようと思います。

まとめ

“mi woolliesのウールダスター”についてご紹介してきました。

とってもおしゃれで使いやすくて性能のよいダスター

そして、何といっても手入れすれば何度でも使えるところがBerry Goodですね。

これから我が家ではオーディオルーム用にしたい私と、リビングに置いておきたい妻とのウールダスター争奪戦が開始される予感がしてます。

以上、最近の掃除で最も感動した体験のお話しでした。ご覧いただいてありがとうございます。

 

『ウールダスター』気になる方はこちらからどうぞ↓

[小さい方]

[大きい方]

[一点だけご注意] 使用する前にぜひ、“ほっぺでふわふわ”することをおすすめします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました