転職って悪いこと?思い込みを捨てて“必ず経験すべき”転職という選択

羽仕事お役立ち
・この記事は丁寧なリサーチと筆者の体験・経験に基づき執筆しています。
・記事にはプロモーションを含む場合があります。

どうもこんにちは。

win-winな転職が大好きなsugi-suguです。

 

さて、みなさんは転職についてどんなイメージをお持ちでしょうか?

  • 転職すると「根性がない人」「弱い人間」などの印象を持たれそう…
  • 転職しても環境や収入が向上するかはわからないので不安…

そんなネガティブなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

 

実は令和のこの時代においては“転職すべき”とも言える大きなメリットがたくさんあるんです。

 

この記事では転職について次の6つのポイントを確認することができます。

 

転職に不安はつきものですね。

しかし仕事の現状を変えたい!キャリアアップを目指したい!人生をもっと有意義に過ごしたい!

そんな願いをかなえることができる可能性を秘めているのも転職です!

転職という新しい一歩で未来を変えていくための記事となっているのでお役立てください。

 

会社員

最初は不安だったけど漆黒のブラック企業から転職を繰り返して、現在はわりと自分らしく仕事ができる職場で楽しく仕事をしているsugi-suguがご案内します。

 

\転職が不安な方の転職方法/

不安を取り除く転職方法

 

 

 

スポンサーリンク

転職はしないほうが良いという思い込みや迷信

犬 パソコン

転職するときに「転職しても将来どうなるかわからないよ…」や「我慢して今の会社を続けていれば必ず報われるときがくるから…きっと…」なんてことを言われたことが何度もあります。

“我慢し続けると良い結果になるはず”“転職なんてよくないこと”そんな雰囲気の言葉ですが、本当にそうなのでしょうか?

  • ブラック企業に耐え続けて体や心を病んでしまう
  • 自分の能力を発揮できずになかなか給料がアップしない
  • 会社の将来が不安

悩みを持つ人たちにとって、いつまで我慢し続ければ報われるのか?そもそも本当に我慢することが正しいのか?不安でしかないし、明るい未来を描ける動機にはなりません。

では、なぜ転職で現状を変えていくことが良くないことのように言われるのか?を見ていきましょう。

 

自分自身の思い込み

自分自身の思い込みが転職に踏み切れない要因を作っていることがあります。

例えば、こんなふうに思ったことはありませんか?

 

  1. 辞めることで周りに迷惑を掛けてしまう
  2. どこに転職しても現状が改善することはない
  3. 自分のことを受け入れてくれる会社なんてない
  4. なぜか上司に毎日怒鳴られるけどきっと愛のムチなんだ!

 

だから、転職はしない方が良いと思う…。これらは思い込みである可能性が非常に高いといえます。

 

冷静に理由を考えていきましょう。

  1. あなたが会社を辞めることで一時的に穴が開いた業務は必ず誰かが埋めます。
  2. 転職して現状が改善するかどうかは事前に確認することである程度分かります。
  3. 面接を受けた転職先はあなた受け入れてくれるから雇用してくれます。
  4. 上司が毎日怒鳴ってくるのは愛情ではなくてパワハラです!

 

そのほかにも、様々な理由で転職を躊躇することがあるでしょうが、その理由が“本当に転職をしない方が良い理由なのか”を冷静に考えてみる必要があります。

 

会社員
sugi-sugu

私が最初に転職を考えた時に「転職することは勤めている会社に対する裏切りだ」という言い訳で転職に踏み切れない自分を擁護していました。
その考えは結果的に自分だけでなく家族や会社など多くの人に迷惑を掛けていることに気付いた過去があります。

 

\転職が不安な方の転職方法/

不安を取り除く転職方法

 

年功序列や終身雇用はもう終わり

未だに年功序列や終身雇用という古い時代の制度に取り残された企業や人がいます。

ここで紹介するのは30年以上も昔々のおはなしです。

日本は高度経済成長を経てバブル景気と呼ばれる空前絶後の経済成長を遂げていました。

そんな世の中で多くの企業も成長を続け、社員に支払われる給料も増え続けていました。

社員は終身雇用により一度企業に就職すると定年までは安定した給料をもらい続けていけます。

また、年功序列により長く務める程に役職は上がり、それに伴い給料も上がっていきます。

この制度の中で重要なのは能力や生産性よりも我慢する忍耐力や上司への忖度でした。

じっと耐えていれば、安定した暮らしが保証されると信じられていた時代があったのです。

このような制度や考え方が「同じ会社を続けると出世して給料も増えてハッピー!」「辛い事を我慢できずに会社を辞めるやつは弱い人間」などの考えを定着させていきました。

これが今も残る“過去の呪縛”。つまり「転職=悪」という考え方の大きな要因です

 

現在は、長らく停滞する日本経済と成長を続ける世界経済、グローバル企業の台頭に加え、人口動態の変化や世界規模の感染症、働き方改革などにより日本の雇用制度や価値観も少しずつ変わりつつあります

 

みなさんお察しのとおり、もはや機能不全を起こしている年功序列や終身雇用という迷信にすがることはできません

「転職しても将来どうなるかわからないよ…」とか「我慢して今の会社を続けていれば必ず報われるときがくるから…きっと…」という古代の呪文が現代の日本で通用するはずがないと思いませんか?

 

会社員
sugi-sugu

“あらゆる情勢の変化という荒波”が常に押し寄せてくる世界で“今の船(今の会社)”に不安を覚えるのなら、荒波を越えるための“新しい船(次の会社)”を探し、乗り換えて(転職して)航行する!ということが重要ですね。

 

転職をした方がよい5つの理由

ツバメ

では実際に転職をするとどんな良いことがあるのでしょうか。

まずはこちらのグラフが参考になるでしょう。グラフ

(転載:株式会社マイナビ 転職動向調査2020年版(2019年)

仕事の印象が転職後にどのように変化したのかが分かりやすくまとめられています。

表を確認すると転職することで状況が悪くなったという方は少なく、現状維持または好転したという方が多いのが分かります。

好転する可能性が高いのなら転職を経験してみる価値はありそうですね。

 

ここからは転職することで得られるつぎの5つのメリットを詳しく見ていきましょう。

 

  • ブラックな環境から抜け出せる
  • 自分の仕事の可能性を知ることができる
  • 経験や比較対象が増え思考力や判断力が向上する
  • 限られた時間を有効に活用できる
  • 収入がアップする

 

ブラックな環境から抜け出せる

もしもあなたがブラックな環境で仕事をしているのなら転職することで状況を変えられる可能性があります。

ブラック企業、ブラック上司などで過酷な労働環境を強いられるあなたは、いつしか心や体力をすり減らして辛い毎日を過ごしていませんか?

ブラックな会社や上司がいつかはかわってくれるはずという望みは極めて薄いと言わぜるを得ません。

だから、いつまでも我慢するという受け身の姿勢でいるよりも、環境を変えるために転職という行動を起こす方が圧倒的に健全な自分を保てるし良い仕事ができることは間違いありません。

ブラックな環境にいる人は“今すぐ”にでも転職を検討してみてくださいね!

 

なお転職の際は、あなたがブラック企業で得た経験を次の会社選びに活かすこともできます。

 

もちろん転職が不安な人もコチラをチェックすることでより安心して転職を考えることができます。

\転職が不安な方の転職方法/

不安を取り除く転職方法

 

自分の仕事の可能性を知ることができる

あなたは自分の可能性を知っていますか?

同じに職場でしか勤務したことがなければ、その会社での評価基準でしか自分の仕事の可能性を知ることができません。さらに部署異動などもなければ、現状の仕事以外での可能性を客観的に確認することもできないのです。

転職を経験することで、例え同じ職種であっても評価基準は変わり仕事の内容や求められることも変化します。

今と違う仕事を経験することで、得手不得手も分かり仕事の可能性も広がることでしょう。

 

経験や比較対象が増え思考力や判断力が向上する

転職することで経験も増え、経験が増えることで自分自身が得る情報の量も増えます。

情報は思考の源となるのでより深く、より広く物事を思考することができるようにもなるでしょう。

また、転職することで比較対象が増えます

以前の職場と比べて○○が不足しているから改善しよう。以前の職場と比較して豊富な○○を活用しよう。など様々な場面で活用できます。

さらに思考と比較をかけ合わせれば、判断する精度も大きく向上します。

転職にはあなたの能力を向上させるメリットもあります

 

限られた時間を有効に活用できる

あなたの時間、周りの人の時間は有限です。

もしも今の労働時間に不満があるのなら仕事を変えることも一つの方法といえます。

残業をすることが当たり前という職種や社風の会社もあります。

一方で、バリバリ残業して手当をもらうよりも、勤務時間を減らして趣味や家族のために時間を費やしたいと考えている方も多いと思います。

あなたの時間というリソースどんなことに、どのように費やすのかという価値観はまさに人それぞれ。

 

今の職場があなたの時間軸に合わず、大切な時間を必要以上に搾取され、改善の余地がない場合は転職という選択肢も有効です。

 

収入がアップする

収入アップは多くの人が目指すところです。

しかし同じ会社で出世するためにどのくらいの時間を費やすのでしょうか?

また会社の業績が良ければ収入アップも見込めますが、このご時世ですから会社によっては著しい成長が見込めなかったり、急な業績の悪化も懸念されるところですね。

そんな時に今よりも良い条件で雇用してくれる会社に転職することは極めて有効な方法です。

 

ただし、条件が良いところへの転職には入念な下調べが重要!

不確定要素も多いため収入アップを目的とする場合は転職エージェントなどを活用して慎重に進めていきましょう

 

\転職が不安な方の転職方法/

不安を取り除く転職方法

 

海外の転職に関する考え方

会議

参考までに海外の転職に関する考え方を見ていきましょう。

 

アメリカ

アメリカでは終身雇用の概念がありません。

18歳~46歳のあいだに平均で約11回の転職を経験するそうです。

スキルやキャリアをアップさせて、転職の度に収入を上げていくことが目的です。

個々の能力が非常に重視されるため、実績や成果に応じて大きく報酬を上げることも可能な社会です。

 

ヨーロッパ

ヨーロッパではアメリカのように転職大国というわけではありませんが、転職に対する考え方は日本と比べて非常に柔軟です。

その理由はジョブ型雇用の採用。

アメリカも同様ですがヨーロッパでも“仕事に対して人を割り当てる「ジョブ型雇用」が主流”なので能力に応じて人の動きが流動的になります。(日本はその逆で人に対して仕事を割り当てる「メンバーシップ型雇用」)

 

中国

日本と同じアジアの中で発展が目覚ましいの中国でも転職はポジティブにとらえられています。

転職はキャリアアップのために当たり前の手段として多くの人が認識している社会です。

 

【勤続年数の参考グラフ】

グラフ

(引用:国際労働比較データブック

 

各国で転職率や平均勤続年数の違いはありますが、転職に対してポジティブな印象を持つ国が多いということはポイントです。

 

転職の注意点

バナナ 注意

もちろん転職するには注意すべき点があります。

どんなところに注意すべきなのかを詳しく見ていきましょう。

 

目的を明確にする

何となくで転職すると多くの場合、成功はしません。

理由はカンタン。
目的がないから転職した後も成功したという実感がわかないのです。

何のために転職するのかという目的をしっかりと持つことで、よい転職だったかそうでなかったか、そうでない場合は次にどうするのかという対策を考えることができます。

ただし、高すぎる目標や複雑すぎる目標はいつまでたっても成功にたどり着けないので注意しましょう。

 

となりの芝は青く見える

この言葉は私が相談を受けた際に必ず相手に伝えることです。

転職しようと考えたときに新しい転職先のことを調べることになります。

特に現状に満足できない人や、今がとても辛いと感じている人は、その会社を去りたい気持ちが先行してしまい、他の会社がとにかく良く見えてしまうことに注意が必要です。

  • 今をもっと良くしたい(良くしなければならない)
  • 現状から抜け出したい(抜け出さなければならない)

 

このようなときに人間の頭には次のようなバイアスがかかってしまいます

[正常性バイアス]
●自分にとって都合の悪い情報を過小評価してしまう。
[楽観バイアス]
●自分にとって都合の悪い情報を得ても“何とかなる”“大したことではない”と考えてしまう。
[確証バイアス]
自分の仮設や考えに適合する情報ばかり収集し反証する情報は収集せず無視してしまう。

 

私はいつも冷静…と言いたいところですが、このようなバイアスがかかるときの多くは無意識です。

転職するときはバイアスがあることを理解して、情報を要素ごとに対比することが重要です。

 

例えばこんな感じで

項目今の会社候補A社候補B社
給料○○万円基本給は下がる/成果報酬有同じくらい
労働時間8時間8時間残業あり
雇用制度年功序列成果主義年功序列
出張/転勤あり/なしあり/ありなし/なし
人間関係問題あり良好と記載ありアットホームと記載あり

このように集めた情報を可視化してなるべく客観的に判断するように努めましょう。

 

\モチベーションとパフォーマンスを上げる方法こちらの記事/

準備不足は失敗のもと

先にも触れましたが、転職する上で情報収集は必須です。

今はネットで多くの情報を仕入れることができるし口コミなども有益です。

現在勤めている会社の取引先など関係のある業者などにヒアリングするのも良い方法です。

なるべく協力者に理解してもらうことも重要です。

同じ職場や取引先、その他関連する業者をはじめ、友人や家族など転職することに理解をしてくれる人が少しでも多ければ次の仕事が有利になります。

身近な人の理解はあなたの生活の基盤をしっかりと支える要因になります。

最後にあなたの今の家計や将来設計に適しているのかどうかという点をもう一度見つめ直す機会をもうけましょう。

 

不安を取り除く転職方法

ハッピー

とは言え転職に不安はつきものです。

  • 給料が下がってしまうかも…
  • 人間関係はうまくいくだろうか…
  • 次もブラックだったらどうしよう…
  • 福利厚生はどうだろうか…

当然の心配ですね。

人生を大きく左右するかもしれない転職という選択を、なるべく成功に近付けるために有効な方法をご紹介します。



”ツテ”による転職

あなたの知人や今の会社の取引先などの”ツテ”を活かして転職することは失敗の少ない転職方法です。

特に、親しい取引業者などは転職後の関係性なども考慮して紹介または受け入れてくれるので成功する確率も高まります

親戚のおばちゃんが、なんとなくおせっかいで紹介してくれるよりも一緒に仕事をしてきた仲間の紹介は一定の責任をもって紹介してくれるので有益です。

 

会社員
sugi-sugu

ちなみに私はこの方法での転職が最も多いです。

 

転職エージェントを使う

転職エージェントという転職のプロを活用することで、成功する可能性が向上します。

なるべく不安を取り除いて有利に進めていくために、転職エージェントについて詳しく確認しておきましょう。

 

転職エージェントってなに

転職エージェントとは人材を探す企業と職を探す人を仲介してくれる「人材紹介会社」のことです。

企業と人を繋ぐプロなので、双方の状況をしっかりと理解した上でお互いの成功のために動いてくれます。

 

●転職エージェントでは主に次の流れでサービスを受けることができます。

①登録:プロフィールなどを登録します。(基本的に無料)
②カウンセリング:条件や希望などの詳細をヒアリング
③紹介:条件や希望をもとに企業を紹介
④推薦:企業への推薦
⑤面接の調整:企業と求職者の面接を調整
⑥内定/退職のサポート:内定後は今の会社の退職や入社までのサポート

 

●主なメリット・デメリットは次の通りです。

転職エージェントを使うメリット・デメリット
メリット・転職前の相談ができる
・成功するための情報が得られる
・プロの目線で条件に合う企業を紹介
・面接などの日程調整もお任せ
・話しにくい条件交渉もお任せ
デメリット・お金が掛かる
・エージェントによって紹介できる企業が違う
・転職までのペースはエージェントに依存
・期間が決まっている

 

転職エージェント使用が自分に合っていると感じる人や取り合えず試してみたい人は無料登録をしてみましょう。

 

会社員
sugi-sugu

個人的におすすめの転職方法は次の順番です。

  1. 信頼できる取引先からのお誘いや紹介
  2. 転職エージェント
  3. 知人の紹介
  4. とりあえず気になる企業に連絡
  5. ハローワーク

 

おすすめの転職エージェント

私のおすすめする転職エージェント(エージェントアプリ)をご紹介します。

紹介する業者は共通して「特徴はあるか?」と「サポートはあるか?」の2つを重視しています。

登録が無料なのも要チェック!

 

ジョブティ

「仕事力」で企業からのオファーを掴む、新しい新卒就活サービス「Job-T」

ポイントカウンセラーのレベルが高いと評判
・豊富なサポート体制で自信や実力を身に付けられる
・スキルを可視化して有益なオファーにつなげる
対応エリア全国特徴スキル・個性重視サポート

次の職場であなたのスキルを活かせるか?とても不安になる部分ですね。

活かせなければ新卒と同じような扱いになってしまいそうで怖くなってしまいます。

「転職をしたいけど業種を迷っている」

「何となく自分のスキルや経歴に自信が持てない」

そんな方はJob-Tの無料登録からサンプルテスト、相談を受けてみると自分のスキルや自分でも知らない能力に適合する転職先が見つかるかもしれません。

 

VIEW

3分でキャリア診断!日本初AIキャリアシミュレーション『VIEW』

ポイントたった3分でキャリア診断
日本初のAIキャリアシミュレーション
・若手向けハイクラス転職を支援
対応エリア全国特徴無料AI診断サポート

VIEWは転職エージェントとして活用できるAIシミュレーションアプリです。

あなたに適した職業を3分間でAI診断してくれる無料アプリなので実用性が高く気軽に使用することができます。

20代から30代のハイクラス転職に特化しているので、より良い待遇の職に就きたい人におすすめです。

診断後はエージェントからスカウト情報が届くのも見逃せないポイントです。

 

[注意点として]

VIEWは便利な転職アプリですが、転職エージェントのように面接の設定や履歴書の添削までを行ってくれるわけではなく、シミュレーション診断やスカウト情報に基づいて自身で行動する必要があります。

ただし、アプリを通じてエージェントへの相談など幅広い支援が可能です。

無料なので転職活動の“とっかかり”として使用してみるのもおすすめです。

 

sugi-suguの転職に関する考え

方角

私の転職に関する考えは「目的を達成するための手段」です。

 

なので必要に応じて転職はすべきだし、どんなに引きとめられても躊躇してはけない時もあります。

かといって“何となく”転職することもありません。

転職をするときは必ず“目的”がある場合と決めています。

 

例えば前回の転職では、自分の考えや行動でもっと大きな成果を出すため。

その前は、もっと大きなフィールドで自分の可能性を試すため。

その前は、誰かの人生の節目に立ち会う仕事をしたいから。

 

そして、これらの目的の根底にあるのが「家族を大切にする」という目的です。

その目的を果たすために私は転職せずにはいられない時があります!

 

みなさんはどんな目的で転職をしますか?

 

未来の自分を大切に(まとめ)

スタート

転職に関するポイントをまとめていきましょう。

 

転職は目的を達成するためのひとつの手段だということは重要なポイントです。

そして、いまを全力で頑張る人にこそ、転職が目的を達成する有効な手段になり得ます。

なぜなら、企業は自分の力を発揮してくれるあなたに新しいフィールドを提供してくれるからです。

 

ただし、注意したいのは“何も考えずにガムシャラに努力をすること”や“寝る間も惜しんであくせく働くこと”が頑張りとは言えないということです。

自分の役割を理解して務める企業や社会の循環を助け、時に新しい循環を生みだすために、企業は自分で考えて行動する人材を求めています

そこに自分の目的を当てはめていくことが転職といえるのではないでしょうか?

 

ぜひ、あなたと企業とのwin-winの関係を結ぶ転職で自分や周りの人を大切にしてくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました