SHURE SE215SPE 4年使用レビュー|音質や装着感は?定番の実力や評判を詳しく解説!

オーディオ
・この記事は丁寧なリサーチと筆者の体験・経験に基づき執筆しています。
・記事にはプロモーションを含む場合があります。

こんばんは。

今宵も定番のイヤホンSHURE SE215SPEで、古めのロックから近頃のEDMまで聴きあさるsugi-sugu(スギスグ)です。

 

高解像度で良好な定位感と迫力の低音、装着感や遮音性も抜群…、予算はだいたい1万円。

そんな都合のいいイヤホンをお探しの方にはSHUREのSE215SPEがピッタリ!かもしれません。

 

この記事では、リスニングはもちろんゲーミングやDTMなど、様々なシーンで活躍する“超ロングセラーの定番”モニターイヤホン「SHURE SE215SPE」を、約4年間使用した経験から5つのポイントで解説していきます。

SHURE SE215SPEのことを詳しく知りたい方、高音質なイヤモニを探している方、ゲーミングやDTM用のイヤホンを探している方などに役立つ内容です。

 

\SE215SPE 音評価/

 

4年くらい前からSE215SPEを愛用しています。
我が家では、イヤホン選びの基準的な役割を担当してくれていた重要なイヤホンです。
外観写真では長期的に使ってみた使用感などもチェックしてください。

 

 

\その他イヤホンの使用レビュー/

 

\生活のお役立ちサイト(姉妹サイト)/

 

スポンサーリンク

定番/名機|SHURE SE215SPEとは?

SHURE SE215SPEは、2012年11月にSHURE社から発売された超ロングセラーのモニターイヤホンです。

解像度が高くフラットな音質のSE215(無印バージョン)をベースに、低音を強調したチューニングとなっています。

ちなみに、SE215SPEの“SPE”は「SPECIAL EDITION(スペシャルエディション)」のこと。

価格.comの「有線イヤホン・ヘッドホン 売筋ランキング」でも、常に上位にランキングされる圧倒的人気の定番イヤホンとなっています。

SE215SPEは、ミュージシャンやエンジニアにも愛用されている優秀なモニターイヤホンですが、フラットで定位感の良い高音質、優れた遮音性が評価され、リスニング用やゲーミング用としても人気のあるイヤホンです。

 

SHURE SE215SPEの特徴

SE215SPEの特徴をまとめると、次の通りです。

  • 最安値は「アンダー1万円」(2024.1.6現在)
  • 音質は「高解像度/良好な定位感/質の良い低音」
  • 「リスニングもゲームやDTMにも最適」なモニター音質
  • 丁度よさを極めた「心地いい装着感」
  • ノイキャンなくても「高い遮音性」
  • 「リケーブルも楽しめる」MMCXコネクター

 

ポイント 男性
sugi-sugu

私は4年ほど使用していますが、あらためて特徴を並べてみると、価格に対する音質や装着感の良さなど、コスパの高さがうかがえます。
SE215SPEが名機の名に恥じないロングセラーである所以ですね。

 

●SHURE(シュア)ってなに?
SHURE(シュア)は、1925年に設立されたアメリカの音響機器総合メーカー。
マイクロホンやヘッドホン、イヤホンなどプロユースからコンシューマー向けまで、幅ひろいラインナップで音響機器を製造・販売している歴史ある企業です。

 

SHURE SE215SPEのスペック

SHURE SE215SPEのスペックは次の通りです。

SE215SPE 製品スペック
型式シングルダイナミック型MicroDriver
カラバリブルー/パープル/グリーン
ドライバーφ10.0mm
感度107dB SPL/mW(1 kHz)
再生周波数帯域21~17,500Hz
インピーダンス17Ω
質量(コード除く)約5.2g(実測値)
イヤーピース・シリコン:S/M/L
・フォーム:S/M/L
プラグ・MMCXコネクター
・φ3.5mm金メッキステレオミニ(L型)
コード1.16m(Y型)
その他付属品専用ポーチ/クリーニングツール/取説

 

SHURE SE215SPEの外観

※4、5年使い込むとこんな感じかぁ…という劣化状況もご確認ください。

●パッケージと本体

 

●本体:表にSHURE 裏にSE215のロゴ
※使用していると写真のようにロゴが薄くなってきます。

 

●本体部分(一応SHUREのロゴあり)

 

●ケーブル含めたサイズ感

 

●ケーブルはY型

 

●ケーブル接続端子

 

●イヤーフック部分
※耳に触れる部分なので劣化しやすい。

 

●イヤーピースを取外した状態

 

SE215SPEの重さを実測

 

この部分は壊れやすいので注意!

①イヤーピースの取り外しにはちょっと力が必要ですが、ムリに外したり、変な角度に力を入れたりすると折れるので注意が必要です。

②着脱を繰り返していると接続部分が劣化して緩くなるので、注意しましょう。

その他、イヤーピースやイヤーフック部分は使用するほどに劣化が表れやすい場所です。
※写真は約4年間使用した状態です。

 

SHURE SE215SPE 4年間使用レビュー

実際にSHURE SE215SPEを使って分かる音質・音色、装着感や遮音性などを詳しく解説していきます。

なお、このブログでは相対的な比較がしやすい音質面と、感覚的なニュアンスが大きくなる音色面を分けて解説してます。

約4年間ほど使用してみて分かる実用レビューです。

 

 

音質|高解像度/高品質な低音

SE215SPEの音質ベースは無印バージョンの「SE215」です。

フラットで高解像度な音質はとても聴き取りやすく、音像の定位もバッチリ!

ミュージシャンの意図を良く汲んでくれるモニター系イヤホンの代表といえます。

音質評価は次の表をご覧ください。

SHURE SE215SPE 音質評価
高域4.5  ギラギラせず刺さらない質の高い音質。シンバルの鳴り方が楽しい。
中域4.4  ボーカルの表現や楽器のパワーが適切に表現される。
低域4.6  芯のある音に迫力が加わった印象。質が高いので全体が崩れない。
解像度4.5  モニターとして優秀な解像度。粒子が細かいというよりは密度が高い音。
定位感4.8  楽器の位置やFPSの足音の表現性が高い。アンプでより化ける。
音場3.9  音場は普通。モニターなので音像重視。
色付けの濃さ2.7  無印(SE215)に比べると低音強調型。ただしフラットバランスの範囲。

 

音色|クリアを通り抜ける躍動感

SHURE SE215(無印)がベースなので、基本は無色で透明。

透明とは言っても、ハイレベルな解像度で作るデジタルなクリアさではなく、アナログの余韻を残す清流のようなクリアなネイロです。

全体的にクリアな音質を、芯のある質の高い低音が貫くことで迫力や躍動感が加わっています

 

ポイント 男性
sugi-sugu

音色はメーカーや時代の特徴が表れやすい部分でもありますね。

 

こんなジャンルに最適

だいたい、どんなジャンルでもOK!

あえて選ぶとすれば、ロック・ポップス・EDM・ゲームミュージックなどの、パワーや迫力が必要なジャンルや、高音から低音まで広い表現力が必要なジャンルにピッタリです。

ボーカルやギターなどの中音域の表現も楽しく、解像度だけでない魅力を物語っている気がします。

 

ポイント 男性
sugi-sugu

苦手なジャンルはほとんどありませんが、大編成のクラシックなどはダイナミックレンジがもう少しほしい印象です。

 

ゲーミングもOK

高い解像度とフラットバランスな音質に加えて、迫力のある低音はゲーミングでも大人気です。

音像の定位に優れた特性は、銃声や足音の方向や位置を正確に伝えてくれます

心地よい装着感が疲れにくく遮音性も高いので、周りを気にせず長時間のプレイを楽しめます

マイク付きモデルもあるのでチャットも楽しめます。

 

装着感や遮音性がすごい!

SE215SPEの装着感は、丁度よさを極めた心地よさ

ピッタリとしたフィット感とシュア掛けのシッカリしたホールドで、安定した装着感です。

  • イヤーピースの性能 
    → イヤホン本体が耳にぴったりとフィットします。
  • イヤーフックの固定 
    → 多少の動きではズレることはありません。
  • タッチノイズの少なさ 
    → ケーブルをつたうゴソゴソ音が気になりません。
  • 遮音性の高さ 
    → 性能の高い耳栓状態で強いノイキャンレベル。
  • 音漏れの少なさ 
    → フィット感が高いので電車やバスでも平気です。

 

装着感・遮音性・音漏れの評価
装着感5.0
遮音性4.4 ※最新の強力ノイキャンを☆5とした場合の数値
音漏れ4.3
遮音性テスト
自宅:エアコンまったく気にならない
自宅:家族の会話ほとんど気にならない
外出:一般的な風音ほとんど気にならない
外出:車内の走行音あまり気にならない
外出:国道沿い大型トラックの走行音などはムリ
外出:電車の中あまり気にならない
夜の散歩何も気にせず楽しむことができます!

 

ポイント 男性
sugi-sugu

今回はフォームタイプのイヤーピースを装着した状態でのレビューです。
シリコンタイプのイヤーピースでも良好ですが、フォームタイプの方が体感値で3割増しくらいのパフォーマンスを発揮してくれます。

 

リケーブル

本体側のケーブル接続端子は「MMCXコネクター」

つまりリケーブルが可能です。

好みのケーブルに交換することで、音質やデザインをカスタマイズすることができます。

付属のケーブルは3.5mm金メッキステレオミニなので、4.4mmバランスケーブルなどに交換して、より好みの音にチューニングする楽しみ方もできます。

 

ポイント 男性
sugi-sugu
イヤホンのケーブルは断線しやすかったりもするので、脱着して交換できるのはとっても便利です。

装着は必ずシュア掛けで

SE215SPEは耳の後ろにケーブルを掛ける「シュア掛け」で装着します。
SE215SPEの形状はシュア掛けを前提としているので、差し込むだけでは安定しません。
シュア掛けのメリットは、しっかりホールドできる、タッチノイズが大きく軽減できる、音質が安定するなど多数あります。
慣れないうちは違和感があるかもしれませんが、メリットは多いので他のイヤホンでもぜひ試してみてください。

SHURE SE215SPE 口コミのまとめ

 

大手ショッピングサイトの口コミ、価格.comやレビュー記事などをリサーチすると、以下のような傾向が見られました。

意見が共通するポイントを「良い口コミ」「残念な口コミ」としてまとめています

 

【良い口コミのまとめ】

  • 音質はクリアでバランスが良く、どのジャンルの音楽も楽しめる。
  • ボーカルが聴きやすい。低音しっかりの迫力サウンドを楽しめる。
  • 遮音性が高く、電車やバスの中でも周囲の音が気にならない。
  • 装着感がとても良くて、長時間使用しても痛くならない。
  • フィット感が抜群でイヤホンが耳から落ちる心配がない
  • 手頃な価格でコスパがとても良い。この音質と遮音性なら文句なし。

 

【残念な口コミのまとめ】

  • 低音が強調ぎみで好みが分かれるかも。イヤーピースなどの調整がおすすめ。
  • 装着感が耳に合わない場合、イヤーピースの交換が必要。
  • シュア掛けが面倒で合わない。
  • ケーブルが短くて絡みやすく取り回しが不便を感じる。

 

良い口コミでは音質、装着感、遮音性の良さと、それに対するコストパフォーマンスの高さが目立ちます。

一方で、残念な口コミでは、音や装着感に関する好み、ケーブルの長さや取り回し関する内容が見られました。

 

SHURE SE215SPE こんな人におすすめ!

ここまで紹介した特徴から、SE215SPEは次のような方におすすめします!

  • 約1万円で高音質なイヤホンを探している人
  • 高解像度、フラット、芯のある低音のイヤホンがほしい人
  • 通勤中や通学中でも周囲の音を気にせずに音楽を楽しみたい人
  • ゲーミングなどで定位や音像を重視する人
  • ロック、ポップス、EDMなどのジャンルが好きな人

 

 

こんな人にはおすすめできないかも…

購入する人の目的や好みよっては、おすすめできない場合もあります。

次のような方は他のイヤホンを選んだ方が良いかもです。

  • ワイヤレスイヤホンが欲しい人
  • 強力な重低音やドンシャリサウンドが好きな人
  • フルオーケストラなどの広大な音場を求める人
  • シュア掛けが合わない人

 

SENNHEISER IE 100 PROとの比較

モニターイヤホンのもうひとつの定番といえば、SENNHEISERの「IE100PRO」です。

価格帯も1万円前後で同じなので、迷ってしまうという声を聴くイヤホンでもあります。

実際にSE215SPEとIE100PROを比較してみると、性能に優劣はありませんが、音の特徴が若干異なります

ハイコスパなモニターイヤホンを探している方は、以下の比較やIE 100 PROの詳細レビューもチェックしてみてください。

SHURE
SE215SPE
SENNHEISER
IE100PRO
高域4.54.4
中域4.44.4
低域4.64.5
解像度4.54.7
定位感4.84.8
音場3.93.7
色付けの濃さ2.31.3
価格9,873円 ※2024年1月6日現在11,809円 ※2024年1月6日現在

モニターイヤホンの2大定番であるSE215SPEとIE100PROはハイコスパで人気モデルです。

特徴をまとめると次のようになります。

  • SE215SPEは、深い低音の鳴り、より広めの音場
  • IE100PROは、より現代的な解像度とスピード感
  • 装着感/遮音性/音漏れはSE215SPEがわずかに上
  • ケーブル取回しはIE100PRO、汎用性はSE215SPE

どちらもリスニング、モニター、ゲーミングなど使用用途や音楽ジャンルを選びません。

 

発売日がSE215SPEは2012年、IE100PROは2021年発売なので10年弱の開きがあります。
それぞれの時代に求められる普遍的な要素がキッチリ盛り込まれているからこそ定番となります。

 

ポイント 男性
sugi-sugu

両方とも、たっぷり使用した大好きなイヤホンです。

個人的に(現在は)IE 100 PROが、わずかに好み。
音の基準として“SE215SPE”か“IE 100 PRO”のいずれかを持っていると便利ですよ!

 

 

 

まとめ

SHURE SE215SPEについて解説してきました。

モニターイヤホンとして10年以上も定番であり続ける理由は、多くの人が認める「音質」「装着感」「遮音性」を高いレベルで実用化できたから。

しかも1万円という価格で!

あなたの探しているイヤホンが、リスニング、ゲーミング、DTMなどに使用するのならSHURE SE215SPEを候補にしてみてください。

SHURE SE215SPEが、あなたを取り巻く「音」をもっと身近に感じられるイヤホンになるかもしれません。

 

 

 

\その他イヤホンの使用レビュー/

 

\生活のお役立ちサイト(姉妹サイト)/

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました